Trade Coin Club(トレードコインクラブ)解説ブログ

トレードコインクラブをメインとした投資を紹介していきます

TRADECOINCLUB

T-COINについて調べてみました

投稿日:2018-04-30 更新日:

スポンサーリンク

今回はTCCで運用するにあたり、必ず耳にする仮想通貨「T-COIN」(TCN)について、
その概要とT-COINの買い方についてお話ししたいと思います。

T-COINとは

T-COINって簡単にいうと?

T-COINとはTrade by TradeというTCCが運営する取引所購入ができる仮想通貨です。
Trade by TradeはBITCOIN、Ethereum、rippleなどの主要コインを取り扱っており、それらとT-COINとの売買が可能になっています。

!!注意!!
T-COINを扱う上で注意が必要なのが似たような名前のコイン「TCOIN」というものもあるので注意してくださいね。

そもそもT-COINとは?

T-COINとはなにか?を説明するためにはTCCが目指すものについて理解をする必要があると思います。 T-COINホワイトペーパを読むと暗号通貨(仮想通貨)というのは金融市場に対して大きな影響を与えると書かれています。 暗号通貨のより安全で高速な金融のやりとりが可能になるため今後も金融市場において重要な役割をするであろうと考えているようです。 そこでTCCは暗号通貨を用いた「銀行」の役割を果たすべく様々な取り組みを行なっているのです。

バヌアツ金融ライセンスの取得であったり、暗号通貨取引所であるTrade By Tradeという サービスを提供しています。

これらの活動により「暗号通貨をより金融市場にフィットさせるプラットホーム(土台)づくり」 をTCCが行なっていると言えると思います。

このTrade By Tradeが発行する基本となる通貨が「T-COIN」であるので、仮にこのプラットフォームが 将来これまで以上に金融市場にて存在価値を握ることになれば、当然ながらT-COIN自体の価値も上がるということに なるかと思います。

T-COINって詐欺なんじゃないの?

「T-COINの理想の姿というのはわかったけど。。やっぱり詐欺なんじゃ?!」 という考えもやはりあると思います。

私自身も常にそう言った危機感というのを常に持つように 心がけているつもりです。

なのでそういったご意見をもつのも至極当然だと思いますし、そう言った感覚は研ぎ澄ましていくべきものだと考えます。

 

そんな疑問に現時点私が考える回答としては 「TCCまでのこれまでの振る舞いを考慮するとある程度信用できる」というものになるかと思います。

私が評価したTCCの我々ユーザに対する対応実績として

  • アメリカでの大量退会ユーザに対する対応
  • ホワイトペーパのロードマップに準じて機能を提供
  • その他の実績

が挙げられます。それぞれを説明していきます。

アメリカでの大量退会ユーザに対する対応

昨年アメリカの法規制により大量のユーザが退会に追いやられることになりましたが TCCはそれらについても真摯に対応したそうです。

その際にビットコインでは送金に かなりの時間がかかってしまうため、T-COINでのみの出金対応としたとのこと。

退会ユーザにもしっかりとした返金対応を行なっていることは評価に値するのではないでしょうか。

ホワイトペーパのロードマップに準じて機能を提供

前述した通りTCCはこれからのロードマップを引いており 2018年6月現在でもデビットカードが利用可能になるなどしっかりと実現させています。

ロードマップは企業と利用者の間の約束みたいなものですから、それらを しっかり守っていることも評価できるのはないでしょうか

その他の実績

そもそもTCCが飛び抜けて大きい利率の配当ではなく、一般目線でも安定した数値での 利率となっています。

さらに個人的なTCCへの問い合わせに関しても一週間ぐらいの 時間はかかるものの、回答が返ってくるところもある程度の信頼に繋がると思います。

T-COINを持っておく価値とは?

T-COINがどういったものかはなんとなく把握できたけど。。
持ってて何がいいの?という疑問が出てきますよね。

T-COINを持つメリット

筆者が考えるT-COINとは次の通りです。

  1. TCCでの運用が可能。それもビットコイン(BTC)運用より高い日利での運用が可能!
  2. T-COIN自体の価値そのものがより上がっていくと思われる!
  3. MasterNode所有者に対する配当が得られる!

と考えています。

それぞれ少し深く掘り下げお話しすると、

TCCでの運用が可能。それもビットコイン(BTC)運用より高い日利での運用が可能!

TCCでT-COINで運用することでBTCで運用するより高い利率での運用が可能になります!
比較するとT-COINの場合、BTCが平均日利0.4~0.8%に比べて、T-COINの場合日利1.0~1.2%となる実績が出ており、場合によっては2倍近くの差が生じることも。。運用するなら間違いなくT-COINの方がお得であることは明白ですね!

T-COIN自体の価値そのものがより上がっていくと思われる!

T-COINはそれ自体ICO案件なので将来性があるものだということです。
Trade by TradeでT-COINを媒体とした取引を行なっていることから、T-COIN自体がもっと流通することを狙っていると考えられます。

となればその通貨自体の価値も上がって行くと考えられるのです。

MasterNode所有者に対する配当が得られる!

暗号通貨にはnodeという概念がありMaseterNodeはnodeの中でも特に大きな役割を果たします。

そのMaseterNodeは一定のcoin保持者(現段階では1000TCN以上)のアカウントに付与されるそうで、TCNの一定のアルゴリズムで配当が得られるとのこと。

これは他の仮装通貨(DashやTriggers)でも同じような仕組みが提供されています。

さらにDashではMasterNodeになるのに3000万円以上が必要になるそうですがT-COINの場、2018年6月現在では数十万円と比較的安く権利を得ることができるのです。

単純に一定以上のコインを保持するだけなので、比較的容易に配当を獲得できオススメです!

メリットがあるということはもちろんデメリットもあるはず。。
ということで筆者が考えるデメリットも記載しますね。

T-COINを持つデメリット

筆者が考えるデメリットは次の通りです。
1.ICO案件であるというリスク
2.T-COINでの運用実績情報がまだ少ない

1はどの仮想通貨(特にICO案件)でも挙げられることかもしれませんが、やはりリスクというものは付き物と考えるべきですね。

2に関してもまだ運用を始めて半年経過しているだけなので実績情報としてはまだまだ足りないところです。

正に「期待とリスクのトレードオフ」。
BTCでの運用するのもありですし、将来性を共感できるのならT-COINでの運用もありですね!

補足

T-COINの必要性とは?

数ヶ月前から話題になっている通り、現在TCCのシステム上、出金するにあたり「BTCでは出金できない」という決まりになっており、出金をした場合はTCCは発行しているコインT-COINでの出金のみ可能となりました。

BTCの出金停止について

TCCがBTCでの出金を停止し、T-COINだけの出金に方向転換をしたのか?については色々と理由があるようなのですが、情報を集めた筆者の感想としては
・自身で発行するT-COINによる運営による業務改善
・T-COIN(しいてはTCC)自体の「啓蒙活動」を行う姿勢を見せているということによる業務判断。と捉えています。

決してマイナスな動きではない思っています!

追記

T-COINがHitBTCに上場!

Trade By Trade以外の取引所でもT-COINが購入できる!

T-COIN自体の布教、価値の向上に期待!!

デビットカードが使えるようになる!!

デビットカードを利用したT-COIN払いが可能になるとのこと!

これにより節税対策にもなるようですね。

まとめ

これまでの内容を簡単にまとめると。。

T-COINはTCCが発行する仮想通貨で、TCCを運用する上でビットコインよりお得になる特徴のあるコイン!
なので、これから始める方はT-COINで運用がオススメです♪

次回はトレードバイトレードから実際にT-COINを買ってみます!

当サイトの更新情報が欲しいときは
いいね ! しよう

アフィリエイト bit flyer

管理人オススメの取引場

ビットフライヤー

管理人オススメの案件

絶対的な安心感のTrade Coin Club

金融ライセンスを取得し、本社ビルはユニセフと同じビルに入居、創業者達が日本でイベントも行っているという、異次元の安心感が魅力の案件。

日利は1%前後ですが、システム的にも資金管理の面でも数年以上の長期運用が見込まれるため、HYIPのように投機ではなく、確実に自分の資産を増やしていきたい という方には絶対の自信を持ってオススメが出来ます

-TRADECOINCLUB

Copyright© Trade Coin Club(トレードコインクラブ)解説ブログ , 2018 All Rights Reserved.