Trade Coin Club(トレードコインクラブ)解説ブログ

トレードコインクラブをメインとした投資を紹介していきます

ビットコイン

xapoでビットコインをハッキングから守る。安全に、手軽に保管しよう

投稿日:2017-03-28 更新日:

こんにちは。ラヴィです。今回はビットコインを安全に保管しようというお話

 

まずいきなりですが、本日いつものようにブロックチェーンのアプリを開いたら、覚えのない送金が(1番上の)

 

よくみると金額の所がマイナスになってるんですよね。??と思いつつ開いてみると、こんな表示が

 

 

二重支払いのリスクが っていう表示と、全く覚えのない送信先への送金が

 

これは、ハッキングされたんでしょうね。たぶん。

 

幸いなことに自分は、blockchainをどこかへ送金する際の中継ウォレットとしか使っていないため、残っていた額は2ドルほどだったので、損害はないのですが

 

もしこれで0,1ビットほどある状態だったら、とられていたのでしょう。

 

というわけで、blockchainを使っている人は、本当にセキュリティには気をつけましょう。

 

自分のセキュリティ対策としては

 

パスワードを30ケタにはしていたのですが、2段階認証はしていなかったんですよね。30ケタもあれば大丈夫だろうと思ってたので

 

でもどうやら突破されたっぽいので、2段階認証も導入しておきました。みなさんも本当に気をつけてくださいね。ブロックチェーンへの2段階認証導入方法はこちらを参考にどうぞ

 

blockchainを使って受信、送金をしてみよう

 

 

他にもコインチェックやwirexにも2段階認証があるので、面倒くさがらずにやっておきましょうね。

 

セキュリティの強固なウォレットにビットコインを保管しよう

 

ではここからが本題です

稼いだビットコインに関しては、パソコンかハードウォレット(USBメモリのようなもの)に保管しておくのが安全とのことなんですけど、ちょっと面倒なので色々探してみましたら

 

ウェブウォレットで良い物がありましたので紹介します。

 

 

その前に、ウェブウォレットだのハードウォレットだの、なんなの?って人の為に解説を

 

ウェブウォレットはその名の通り、インターネットに公開されてるビットコインウォレットですね。blockchainやコインチェック等々、ネットからログインできるものは全てこれです

 

ただウェブウォレットには弱点があって、それはハッカーに狙われやすいと言うことです。なのでセキュリティを厳重にする必要があります。それでも狙われるので、大金を置いておくのは推奨しません

 

一方でハードウォレットは、USBメモリの様な形をした装置で、こういうものですね

 

ここにビットコインを移しておくことが出来、ここならネットにも繋がってないので安心安全 というわけです

 

で、このハードウォレットだとセキュリティは確かに高いんですけど、出し入れがちょっと面倒なんですね。ウェブウォレットのように、アプリでいつでもどこでも という訳にはいきません

 

って事で色々探してみたら、ウェブウォレットであり、なおかつハードウォレット並のセキュリティを持つウォレットを見つけました。しかも無料です。その名も

 

xapo

 

ですね

 

 

 

日本では殆ど知られていないんですけど、海外だと非常に有名なウォレットなのだそうです

xapoとは

 

Xapoはビットコインのウォレット、デビットカード発行サービスを提供する世界有数の規模を誇る企業だ。2014年にはベンチマークキャピタル、インデックスベンチャーズ、グレイロックパートナーズらから2度のシリーズAを経て、合計4千万ドルの資金調達を実施。また、2015年5月にはシティグループ元CEOのジョン・リード氏、ビザ創業者のディー・ホック氏、元米財務長官のローレンス・H・サマーズ氏を顧問に招き入れ、業界内外から大きな注目を集めた。
引用元:https://goo.gl/SzzjEz

 

xapoのCEOは2016年にPayPalの取締役にも任命されたそうで、非常に勢いのあるウォレットサービスになっていますね

 

xapoはセキュリティがすごい

 

そのxapoの一番の売りは何かというと、セキュリティです

 

xapoの管理画面にはウォレットの他に、vaultという項目があり、ウォレットに入っているビットコインをこのvault(金庫)に移すことが出来ます

 

 

このvaultというのはその名の通り、本当に金庫なのだそうです。コラムによると

 

 
Xapoの強みは、世界一安全なビットコインの金庫Vaultだ。
Valutは圧倒的なセキュリティを誇る財布である。世界一かもしれない。

世界最強のビットコイン金庫Vault

世界最強のビットコイン金庫Vault

ソフトウェア面でのセキュリティも最新のMulti-Signatureの技術を活用し、
Hackingを非常に困難にしているだけでなく、
保存しているビットコインのマシンを、まるでMission In Possibleのような
厳重な警備体制で世界各地の数カ所に保存をしているというのだ
Xapoによれば本当に下のようなイメージらしい。
Screen Shot 2014-09-28 at 04.39.13
引用元:https://goo.gl/ptYHRu

 

との事で、これが本当である証拠として、xapoのこういったセキュリティへの対策が評価され、2014年には40億の資金をベンチマークキャピタル、インデックスベンチャーズ、グレイロックパートナーズらから調達したそうです

 

また2015年にはよりセキュリティを強固にするために、スイスへ本社と金庫を移転したそうです。これも以下引用

 
ビットコイン財布と決済カードサービスを提供するXapo社が本部のスイスのチューリッヒ移転を発表した。
この理由は顧客の希望に基づいて、運営の拠点をセキュリティーの基盤に近付けるため。Xapo社の注意の下に置かれるビットコインは、以前 “電波をブロックするファラデー箱の中に格納され、軍事目的で使えるほど優れたセキュリティー管理の下に強化された地下貯蔵庫に保護されている” と描写された、コールドストーレージValtsの中に保管されている。
Xapo社はそのセキュリティーの厳重さを強調していて、先にはマルチシグネチャー技術の活用とインフラの一部にみられる協力関係の締結を発表していた
引用元:https://goo.gl/jfhXko

 

またxapoのセキュリティに関するFAQでも以下のように述べています

 
XapoはVaultのセキュリティをどのように処理しますか?

金庫を金庫に移動すると、決してインターネットにアクセスできないコンピュータに資金が入金されます。その後、すべてのデータを暗号化し、それを別のチャンクに分けて、それを外部のドライブや紙にコピーします。これらのバックアップは、地理的に分散した場所にある物理的な格納域に安全に格納されます
 
「深冷貯蔵」とは何ですか?

コールドストレージとは、ビットコインをオフラインで保存するプロセスを指しますが、このプロセスに関連付けられた秘密鍵は、署名プロセスの生成中のある時点でオンラインになるか、インターネットに公開される可能性があります。
しかし、ディープコールドストレージは、ビットコインがオフラインで格納されるだけでなく、ビットコインを保持するシステムが決してオンラインでも、あらゆる種類のネットワークにも接続されないコールドストレージの一種です。そのシステムに関連付けられた秘密鍵はオフラインシステムで生成され、トランザクションの署名プロセスもオフラインシステムで行われます。このタイプのストレージで使用されるシステムは決してインターネットに触れません。オフラインで作成され、オフラインで保存され、トランザクションに署名するときにオフラインになります
 
Vaultのビットコインはどれくらい安全ですか?

Xapo Vaultは、ビットコインを格納するための最も安全な場所であるため、コア製品です。
Vaultはまで深い冷蔵に離れてロックされ、あなたのビットコインを維持するために、独自のセキュリティプロトコルのレイヤを用いて、全ロックダウンであなたのbitcoinsを保持し、あなたがしているそれらにアクセスする準備ができて。これは、ビットコインの大小の所有者にとって、保有するものを保護するための非常に安全で多様な措置が必要なストレージです。

セキュリティは私たちの基盤であり、セキュリティはすべてのビットコイン企業の焦点であるべきだと考えています。セキュリティがなければ、何も問題はなく、Xapoの中心的な焦点は常にユーザーにとって非常に安全なビットコインストレージを提供してきたことです。この焦点が、Xapo Vaultを世界で最も先進的なビットコールド・コールド・ストレージ・ソリューションにしたと考えています。

こちらをグーグル翻訳しました
https://support.xapo.com/xapo-security

 

実際にvaultにビットコインを預けると、ウォレットに引き出すまで二日ほどかかるので、本当にこのようにしているようです。秘密鍵等諸々まとめて金庫に入れてるようですね

また、創業者がxapoのハッキング対策について書いているブログもあります

What would happen if Xapo got hacked

こちらもどうぞ
https://xapo.com/vault/

というわけで、安全かつ手軽にビットコインの保管を と考えている人にはxapoが一番のオススメですね。アプリも使いやすいですし、ウォレットとしても使い勝手が良いです。またデビットカードがあるのも良いですね。

ではvault以外に、セキュリティ面で安心できる理由を紹介してみましょう

ログイン画面自体が隠されている

まずxapoは、ログイン画面のURLが個別になっています

 

つまりblockchainだと、ログイン画面のURLは https://blockchain.info/ja/wallet/#/login で決まってるんですが

xapoの場合、ユーザー毎にログインURL自体が違うので、そもそもとしてハッカーがログイン画面を探すのも相当大変になっています

 

また見つけ出したとしても、ログインには登録されたメールアドレスと暗証番号、またxapoアプリで確認できる二段階認証の暗証番号が必要 となっているので、相当なセキュリティですね

そしてvaultの画面に入るにもパスワードが必要と、徹底しております

 

公式サイトはこちらから
https://xapo.com/

 

本来ならxapoの登録方法を載せたいところですが、blokchainを持っていてある程度慣れた方なら問題ないと思うので、ここでは割愛しておきます

 

とりあえず公式ページのサインアップを選んで

 

 

この画面でメール、4ケタの暗証番号、パスワード等を入れればメールが来るので、あとは手順に従って って感じですね。特に問題は無いと思います

 

なので、vault周りの扱いだけ載せておきますね

 

xapoのvaultにビットコインを移そう

xapoの金庫に移すのは簡単で、まずこの画面でbitcoinsを選びます

そしたらこんな様な画面になるので、矢印のアドレスに送金します

 

そしてお金が届いたら transfer を選びます

 

で、toの所をvaultにして、希望額を入れてSENDでオッケーです

 

ちなみに、vault自体にもウォレットアドレスは存在してるんですけど、それを使うとトランザクションで世界中に公開されてしまうので、使わない方が良いみたいですね。面倒でもこのやり方でやりましょう

 

金庫から出してみよう

続いては金庫からの出し方

これも簡単で、この画面でvaultを選んで

 

そうしたらパスワードを求められるので、ログインパスワードを入れます。そうすると金庫の画面に入れますね

 

そうしたらretrieveを選び

 

 

次の画面で移動したい金額を入れるだけです。48時間後には移動されています

 

というわけで、簡単でしたね。ここはとにかくセキュリティの強固さが売りみたいなので、信頼しても良いのではないでしょうか

 

ただビットコインも日本円と同じく、大金を稼いだらいくつかの場所に分散しておくのが良いですね。ハードウォレット等も駆使しながら保管しておきましょう

 

以上がxapoの紹介でした。デビットカードの作り方もあるんですけど、それはまたの機会で。ネットでも検索すると出てくるのと、グーグル翻訳使えば特に問題ないはずなので、興味ある人はやってみてください

 

ではまた

 

当サイトの更新情報が欲しいときは
いいね ! しよう

アフィリエイト bit flyer

管理人オススメの取引場

ビットフライヤー

管理人オススメの案件

絶対的な安心感のTrade Coin Club

金融ライセンスを取得し、本社ビルはユニセフと同じビルに入居、創業者達が日本でイベントも行っているという、異次元の安心感が魅力の案件。

日利は1%前後ですが、システム的にも資金管理の面でも数年以上の長期運用が見込まれるため、HYIPのように投機ではなく、確実に自分の資産を増やしていきたい という方には絶対の自信を持ってオススメが出来ます

-ビットコイン

Copyright© Trade Coin Club(トレードコインクラブ)解説ブログ , 2018 All Rights Reserved.