Trade Coin Club(トレードコインクラブ)解説ブログ

トレードコインクラブをメインとした投資を紹介していきます

お金持ちになる方法

palmills撤退から見る、HYIP選びのコツ

投稿日:

徐々に盛り上がりを見せていた案件であるparmillsが飛んでしまったようですね

 

 

parmillsは正式に撤退を表明していまして、以下が日本語訳のスクリーンショットです

 

撤退の理由が書かれているのですが、簡単にまとめると

 

  1. ハッカーからのDDoS攻撃(大量アクセスによるサーバーダウン)を受けて、それの対策のために時間とお金がすごくかかった
  2. 実際にハッカーから口座のハッキングも受けていた
  3. サーバー側にトラブルが続出した

という感じですね。

 

この件に関して色々と思うところがあったので、書いてみようと思います

 

HYIP案件は常にハッカーの脅威にさらされている

 

 

まずこれですね。こういった話は割と聞くのですが、やはり実際にその通りな様です

 

よくよく考えれば、HYIPというのはすごく標的にされやすいんですよね

 

  • グレーな印象を持たれている
  • 大金を扱っている
  • (多くの場合)素人、あるいはIT系にそこまで強くない人が運営している

 

まずグレーな印象を持たれているということは、それだけ攻撃されやすいですよね。ハッカーの心理的にも、ちょっと悪いことしてそうなHYIP案件は攻撃しやすいと思います

 

また大金を扱っていると言うことは、ハッキングが成功すれば得られる物が大きいと言うことですし、それらの対策がされていない案件というのも多いでしょう

 

そしてHYIP案件がターゲットにされやすいと言うことは、すなわち我々の資産も間接的に狙われていると言うことです。

 

これからのHYIP選び

それらを踏まえた上でこれからのHYIP案件選びをどうすれば良いかも改めてまとめてみました

 

1 そのHYIP案件がcloudflare等を採用しているかどうか

この点はすごく重要になってきそうですね

cloudflareというのはサーバーソフトで、これを入れておくとハッカー攻撃にもかなり耐えられるようになります

ですがこのcloudflareは法人が導入するとなると数百万はかかるので、現時点で導入しているHYIPはごくごく一部ですね

ただcloudflareでなくとも、大量のDDoS攻撃に耐えられる仕組みを備えているかどうか というのは重視していきたいと思っています

 

対策がしっかりなされていると言うことは、ある程度の資金を持っていることの証拠でもありますし、すぐに飛ぶような詐欺案件でもない という目安になります

 

2 システム周りがしっかりしているかどうか

これも大切ですね。要は、やたらとサーバーメンテナンスをしていたり、サイトが重くないかどうか という辺りですね

 

この辺りが不安定と言うことは、恐らく運営側はシステム系にそこまで強くないのだろう ということがうかがえますし

 

ということは、ハッカーの標的にもされやすい という事に繋がります。

 

なのでその辺りは実際に自分自身でサイトを触って、しっかりチェックする

 

もし投資した後にサーバーが不安定になるような事が何度もあれば、利益は少なくともしっかりと利益確定に入る、もしくは元本を引き出す

 

こういった意識が必要になってくると思います。

 

3 人気になる前の案件を重点的に選ぶ

ここも大切ですね。人気になればなるほどハッカーの標的になりやすいと言えるので、あまり人気で無いもの、人気が出る前の案件を重点的に選ぶのが大切です

 

このポイントに関しては、ハッカーを考慮しなくても重要なところですね。やはり人気が出すぎてしまった案件というのは、だいたいがすぐに飛んでしまいます

 

なぜなら、ほとんどの案件というのは実態が無いからですね

 

例えばrightriseであればスピードメーターに投資して、罰金の収益から配当 となっていましたが、ほぼ100%そんなことはしていないでしょう

 

私も調べたのですが、そもそもイギリスのスピード違反の罰金は7000円ほど

そしてイギリスの年間のスピード違反者は11万人ほどでした

 

単純に7000×1100000で、7億7千万円ですね

 

ですがライトライズの日々の支払いを考えると、どう考えてもまかないきれないんですよね

 

ではどうやって支払っていたかというと、簡単に言えば自転車操業ですね

 

新しく投資されたお金を配当に回していく。これは単純ですが、新規参加者が多ければ十分続けられる方法です。特に今は、ビットコインが過熱していますからね

 

以上のように、ほとんどの案件は実態が無いものです。

 

ですが我々にとって大切なのは、実態があるか、ないか、ではなく

 

稼げるか、稼げないか という事ですね。

 

そして自転車操業であろうとなんだろうと、人気が出る前に投資してしっかり回収すれば、確実に利益は出ます

 

ここが大切な所ですね。なので私は案件を選ぶときは、事業内容というのはほとんど見ません。どういった配当の形になっているか等のシステム周りと

配当や日利等の資金管理面を重点的に見ますね

 

なぜなら、殆どの事業は実際には行われていないので、そうなると続くかどうかはシステム面、資金管理の巧みさにかかっているからですね

 

そしてシステム周りを見て 続きそうだ と判断できた場合、もし仮にその案件に実態があったとしたら、より好ましいですから

 

そして仮に実態があったとしても、システム周りや資金管理が脆弱ですと、あっという間に飛んでしまいます

 

なので最初に見るべきは事業内容ではなく、システム周りや資金管理についてです。あとは運営日数。

 

そこさえおさえていれば、そうそう外れることはないと考えています

 

その上で実際に事業を行っていればより好ましいですね

 

4 余剰資金で行う

これは基本中の基本ですが、必ずおさえておかなければいけないポイントですね。特に高配当のものほど、余剰資金で行うのが大切です

 

私が今推奨している投資方法としては、まずあなた自身が確実に信頼できる、長期運営は間違いないと思える案件を見つけることですね。実際に900日以上続いている案件もありますから

 

そういった案件を見つけたら、それを投資の軸にします。そしてその案件から得られる配当で、高日利の案件に投入していく という形ですね

 

これであれば仮にその高日利がすぐ飛んでしまったとしても損害はありませんし、精神的にも非常に楽に投資を続けることが出来ます

 

もちろんその軸となる案件を探すのが大変なところではありますが、まずはそれを見つけるのを最初の目標にするのが良いのでは無いかなと感じています

 

ちなみに管理人はTCCという案件を軸にしていますので、興味のある方はこちらご覧になってください

trade coin club(トレードコインクラブ)を世界一分かりやすく解説。高い安定性を備えた案件です

*2018/08/09追記 現在トレードコインクラブは非常に不安定な状態になっており、当サイトでは現段階からの加入をお断 ...

続きを見る

ただ大切なのは、あなた自身が これは間違いない という確信を持てる案件ですので、各自で探して頂くのが一番かと思います

 

 

まとめ

 

というわけで、個人的に感じたことを書かせてもらいました

 

今回書いたことが全て正解というわけではないでしょうが、何かしらの参考になっていれば幸いです。管理人も日々勉強ですので

ちなみに今回書いた条件(システム周りが安定していて、資金管理面も〇)が当てはまるのは、TCCとpassiveloanですね。よければそちらもチェックしてみてください

 

また、等サイトで紹介している案件について分からないこと等あれば、いつでもご連絡ください。こちらの問い合わせフォームか
https://hyip-invest.click/325-2

 

Facebookページへのメール、もしくはTwitterのDMでも受け付けておりますのでお気軽に

 

ではまた

 

 

 

当サイトの更新情報が欲しいときは
いいね ! しよう

アフィリエイト bit flyer

管理人オススメの取引場

ビットフライヤー

管理人オススメの案件

絶対的な安心感のTrade Coin Club

金融ライセンスを取得し、本社ビルはユニセフと同じビルに入居、創業者達が日本でイベントも行っているという、異次元の安心感が魅力の案件。

日利は1%前後ですが、システム的にも資金管理の面でも数年以上の長期運用が見込まれるため、HYIPのように投機ではなく、確実に自分の資産を増やしていきたい という方には絶対の自信を持ってオススメが出来ます

-お金持ちになる方法

Copyright© Trade Coin Club(トレードコインクラブ)解説ブログ , 2018 All Rights Reserved.